『 運営している人間について 』

1978年、静岡県(旧静岡市)生まれ。

中学・高校・大学と勉学は疎かに、サッカーに明け暮れる。
社会人になってからしばらくは社会人サッカーリーグに参加も、30歳手前からはほとんどボールを蹴らない生活になっている。

小学生

静岡市立中田小学校に入学。

4年生の時に「中田サッカースポーツ少年団」でサッカーを始める。
身長が高かったこともあり5年生の途中までキーパー。その後フィールドプレイヤーへ。
サッカーというよりも球蹴りと呼ぶのが似合う感じで、リフティングはおそらく20回くらいしかできず。。。。

静岡FCどころか全国的に有名な清水FCすら知らず、6年生の時にワールドカップ・高校サッカーを初めて観戦。
山田さん・名波さん達が高校3年生の時の清水商業を観て衝撃を受ける。

中学生

静岡市立大里中学に進学。
FWやMFとしてプレー。
静岡市選抜・静岡県トレセンに選ばれる。

東海第一中学(現:東海大翔洋中学)という、県内各地から優秀な選手が集まるとんでもない中学があることを知って、これまた衝撃を受ける。
中学3年生時に縁あって清水市選抜に入れてもらい、世代別日本代表や県選抜の人間との実力差を感じ、DFとしてプレーする。

高校生

清水市立商業高校(現:清水桜が丘高校)に進学。
ボランチ・DFとしてプレー。
高校2年生時に東海ユース選抜(地域ユース)。高校3年生時に静岡県選抜に選ばれる。

1年時:基本球拾い。
紅白戦のAチームで1度だけプレーさせてもらう。

2年時:新人戦に出場させてもらい県大会優勝。その後はベンチ要員。
東海ユース選抜として地域ユースに参加し、同年代の日本代表選手の意識の高さに感心する。

3年時:ボランチやセンターバックとして常時試合に出場。
東海高校総体優勝・インターハイ全国優勝・全日本ユース3位・国体優勝と、人生のバブル期。

大学生

順天堂大学に進学。
DFとしてプレー。

1年生時:入学直後の春からベンチに入り。
2年生時:総理大臣杯3位(ベンチ要員)。
3年生時:春先からメンタルが腐り始める。
4年生時:競技サッカーは諦める。

高校の時の経験が自信ではなく過信になる。
先輩・同級生・下級生と周りに恵まれたことが唯一の救い。

社会人

静岡県社会人1部リーグでプレー。

勝ち負けを気にすることなく、のびのびとサッカーを楽しむ。
27歳でサラリーマンを辞め洋服屋を始め(自営業)、ほとんどボールを蹴らなくなる。
現在は洋服屋を譲渡し、再びサラリーマンになって、シャペウの運営とサラリーマンとのダブルワークの日々。


定期的にボールを蹴ることから離れるも、フットボールが好きだということからは離れられず。今までとは違う形で、こうやってフットボール界と繋がっております。

楽しくボールを蹴る方たちに、何か少しでもご協力できたら幸いです。
Chapeuのウエアを着て、生涯楽しんでボールを蹴ってもらえたら最高です。

今後も「フットボールのある生活」というのをテーマにしながら、モノづくりをしていきたいと思っています。

〜 having good life with football 〜

「フットボールのある生活を」