正直クラブワールドカップという呼び名にノれてません

1

2010-11 UEFAチャンピオンズリーグの決勝。
バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドの試合を観た時、バルセロナのあまりの強さに「これは歴史的な瞬間に立会っているのかもしれない」なんてことを思いました。

その2年前。
2008-09 シーズンの決勝も同じチームの対戦でバルセロナが勝利。
ファーガソンは何としてもバルセロナに勝つと、色々な策を考えていたんだと思うんです。絶対リベンジすると意気込みは相当だったんじゃないかと推測していました。

にも関わらず、ボールをガンガン獲りに行っては早いパス回しでかわされ体力を消耗。
獲りに行かなければドリブルで仕掛けられてチンチンに振り回される。
「マンチェスター・ユナイテッドがこんなになっちゃうの?バルセロナ半端ねーな」
と。これはサッカーの歴史に残るようなチームを観ているのではないか?
将来、子供に
「俺はあの時のバルセロナの試合を観てたんだ」
と自慢できるのではないか?とか。そんなことを考えていました。

今回クラブワールドカップで観たバルセロナは、その時よりも攻撃陣に、最近の言葉でいう強度がある感じがしました。
その分ボールを回すレベルが下がったというわけではなく、必要あればしっかりボールを回す中で、より前の3人を活かすやり方を採用している感じで。
メッシ・ネイマール・スアレスの3人が強烈すぎるから、そう感じるのかなとも思いますけど。

にしても、3人の巧さ・強さ・早さは止められそう感じが一切しない。
あのチームを観れているのも、それはそれでちょっと歴史的な瞬間なのかもしれません。

ただただ素晴らしい時間だったなー。

そして、エンリケ監督の立ち姿が格好良かった。

2

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です