ヴァンフォーレ甲府サポーター並びに、石原克哉サポーターの皆さんへ

シャペウのWEBサイトへのご訪問ありがとうございます。
この度『ゆかいな仲間たちユニフォーム』を作らせていただく事になりました、シャペウの運営しております大野と申します。

シャペウというブランド名をお聞きになるのは初めてだという方がほとんどかと思いますので、シャペウとは
「サッカーやフットサル用のウエアをメインに作っている静岡発のフットボールブランド」
と、覚えていただければと思います。

新聞広告に簡単な説明が書かれています通り、石原克哉(以下:カツ)と私は大学の同級生になります。
今回カツから「ユニフォーム作ってくれる?」という連絡をもらい、大変嬉しく思っており、また責任の重さに少しだけビビっております。

私がカツを初めて知ったのは高校3年生。1996年に山梨県韮崎市で開かれた全国高校総体サッカーの準決勝で、カツのいる韮崎高校と対戦した時です。
試合は私たちの高校が勝ったのですが、キレのあるドリブルと効果的なパスでゲームを作りながら、中盤をあちらこちらと走り回り、同点ゴールを決めた7番がともかく煩わしかった事を今でも覚えています。(ちなみに、私たち高校の決勝点をアシストしたのは、ヴァンフォーレさんに所属していたことのある池端でした。)

その後、大学入学前の合宿に参加した際に同部屋になり、本格的に交流を持ったのはそこからでして
彼の能力を羨望の眼差しで見ていましたし、憧れるところでもありました。
卒業してからは、ヴァンフォーレさんが毎年のように清水で合宿をされていた事もあり、合宿所に会いに行ったり、小瀬に何度か試合を観にも行っております。(静岡県の選抜で共にプレーした倉貫・山崎や、高校後輩の池端、大学後輩の青葉など、縁のある選手も多かったのもあります。)

僕は大成できず大学で競技サッカーを辞めているので、会うたびに
「プロ選手になりたかったという思いや憧れみたいなものは、カツに託してるよ」
と言うのがお決まりで
引退前何年かは「いつ辞めるの?」「勝手に辞めさせようとすんな」が挨拶みたいなものでした。

今回このような形で、ゆかいな仲間たちの1人として参加させてもらったと勝手に思っておりますが、、、、
連絡をもらってからは、ああでもないこうでもないと2人でデザインを考えてきました。

色んな候補を出し修正を繰り返した中、最終的にカツが決めたのが今回のユニフォームになりますので、皆様にも気に入っていただければ幸いです。

当日私もスタジアムにお伺いするつもりです。
多くのサポーターさんが、スタジアムに足を運んでいる姿を見るのを楽しみにしております。


当日販売するユニフォームはSS(160cm)・S・M・L・XL・3Lサイズになります。
目安の大きさは下記の表をご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です